人気ブログランキング | 話題のタグを見る

屋久島ダイビング日記neo

yakuumi2.exblog.jp
ブログトップ
2022年 07月 01日

夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜

6月30日(木)
晴天 東-南東の風4m 波1,5m
大潮4日目 満潮6:53 干潮13:53
水温27,5℃ 透明度40m

黒潮きましたよ〜!
史上二番目の速さの梅雨明け宣言(6/27)がでて
(期間は最短の16日間)
そのあたりから黒潮の気配が濃密になり、
ついにやってきました。
夏が終わるまで黒潮が離れることはありません。
通常通りにいかない昨今ではあんまりビシッとは言えませんが。
2週間くらい前には水温が激落ちして23°くらいだったこと
を思うともう天国にいるかのような快適さ。

ついつい、、、なんだけど、
黒潮が来るとブログを更新される率が高い気がする(笑)

さて海の中は色々とありすぎて
何から描いて良いのやら、、、。


夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07180416.jpg
ミドリイシの仲間の産卵

夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07333670.jpg
急激な低水温が続いた影響か遅めにシフトした。
初めてとなる種類の枝サンゴの産卵を確認。
かなり大規模な産卵だった。

夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07360896.jpg
トビイカ
口永良部島に調査に向かう途中で遭遇。
ずっと憧れていたイカちゃん。
嬉しいなぁ。。。
ここ最近で一番テンションが上がった
生き物だったかも。


夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07205083.jpg
口永良部島は景観もいいんだな〜。

夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07204827.jpg
アジアコショウダイは温泉が好きみたい。
熱水が出るあたりにいつもいる。

夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07204291.jpg
そして最後にうっかりハンマーヘッドの群れを見てしまった。
まぁ再現性は果てしなく低いのです。(リクエスト拒否・笑)


また屋久島にもどって、
新しいポイントみっけ!情報。

夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07415087.jpg
リュウモンサンゴの群落を発見。
今のところ屋久島一の大群落かな!?
ちょーきもちい。

ポイント名はそのまま「リュウモン」にしようかな?
夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07420604.jpg
魚多め。

夏の黒潮接岸!!〜梅雨明け、サンゴの産卵、遠征調査〜_b0422430_07420988.jpg
癒し系。
深くはないけど浅瀬がない。
ベニハナダイが25mで求愛してた!


あースッキリした!
ではではまたそのうち!(笑)





# by itarutakaku | 2022-07-01 07:46 | その他 | Comments(0)
2022年 06月 28日

ポイント開拓に向けて調査!

6月28日(火)
晴天 南東の風予報だったのに、、真逆の北西の風4-6m
波1,5m 大潮2日目
水温25,5℃ 透明度25m
一湊〜永田

こんばんは!

酔っ払いの至さんに代わり、本日のブログはお手伝いの上岡よりお届けします!

さて、屋久島でのヘルプが始って早3週間。

その間、全く黒潮に出会えず、至さんには記録更新と笑われて続けています。


ツイテナイ‼︎と思いきや

本日は水面ハンマーとの遭遇や、新しいポイント開拓、

黒潮を少し感じさせる青々とした海など、嬉しいことありました!

至さん曰く「黒潮はもう200%くる」だそうです。(甘いな)


今回見つかったポイントは、

私の波酔いによりお昼ご飯の場所が変更になったことで見つかった奇跡による場所です

リュウモンサンゴ広がる雄大なNEWポイントのリクエストお待ちしております!


写真はここ最近の様子です。

ポイント開拓に向けて調査!_b0422430_23362886.jpg
「先生、これ以上は顎外れちゃいます」

3ヶ月に一度は歯科検診をお勧めします。顎シリーズⅠ

ポイント開拓に向けて調査!_b0422430_23383089.jpg
「そろそろ父ちゃんもご飯食べたいなあ」

口だけでなく顎まで卵がスッケスケ!顎シリーズⅡ

ポイント開拓に向けて調査!_b0422430_23362632.jpg
「ねえ、そろそろ機嫌なおしてよ〜」

至さんの一番好きなやどかりさんです(ベニサンゴヤドカリ)

ポイント開拓に向けて調査!_b0422430_23361508.jpg
バルⅡ号ならぬ、バル号Ⅱが元気に皆様をお迎えしますよ〜

それでは、いい夢を〜




# by itarutakaku | 2022-06-28 21:59 | 一湊 | Comments(0)
2022年 06月 14日

ユウレイクラゲのような雨!?ネコザメ卵にボロジノ再会!

6月13日(月)
大雨 東の風5-7m 波2,5-3m
水温24℃ 透明度20m
一湊

九州南部は去年より1ヶ月遅れて梅雨入り!(6/11)
連日ここぞとばかりに雨が降っています。
ヘルプで来てくれているサキちゃんには
1日20回くらい小言を言われながらお店を掃除。
でも雨にも小言にも負けずに調査ダイブは抜かりなし!?

黒潮はちょっと遠くへ行ってしまった。。。
水温も透明度も低下、、、。
陸も海中もご機嫌ななめだけど、生き物たちは華やかです!

ユウレイクラゲのような雨!?ネコザメ卵にボロジノ再会!_b0422430_09440558.jpg
ユウレイクラゲとイボダイ
このユウレイクラゲの触手のような雨が降っとります。。。

ユウレイクラゲのような雨!?ネコザメ卵にボロジノ再会!_b0422430_09425577.jpg
ネコザメのタマゴ!!
一つは空っぽで、これは多分卵黄が入っていた。
ネコザメはたまに見かけるけど卵を見たのは初めて。
しかも変なところにポテっと落ちていた。
色々と気になる。

ユウレイクラゲのような雨!?ネコザメ卵にボロジノ再会!_b0422430_09425563.jpg
ボロジノハナスズキ
きたー!!去年の子がまだいてくれた。
しかもちょっと撮りやすくなってる!?
これならガイドも可能かも!

ユウレイクラゲのような雨!?ネコザメ卵にボロジノ再会!_b0422430_09425631.jpg
ベニヒレイトヒキベラ
婚姻色バリバリで泳いでる。
暗い海だったのでスローシャッターで撮影。

ユウレイクラゲのような雨!?ネコザメ卵にボロジノ再会!_b0422430_09425565.jpg
アオギハゼは赤ちゃんたちと一緒。
お腹の大きなメスには求愛していた。




# by itarutakaku | 2022-06-14 10:14 | 一湊 | Comments(0)
2022年 06月 11日

数年ぶりにクリイロカメガイの大乱舞!

6月11日(土)
大雨 北東の風5-7m 波2,5-3m
水温25℃ 透明度20m
横ヨコ
 
今日は朝から大雨。
引きこもって事務作業です。

6月頭は東京で、写真絵本の授賞式の参加や、
新刊の印刷立ち合いをしていました。
詳しくはこちら。
http://itaru-t.blogspot.com/2022/06/69.html

さて昨日は久しぶりのクリイロカメガイの大乱舞!
5,6年ぶりだと思う。
他にも多少のプランクトンが混じっていたけどほぼクリイロ。
黒潮が当たらずも遠からず見たいな微妙な潮だと思う。


数年ぶりにクリイロカメガイの大乱舞!_b0422430_08383904.jpg
ヤサガタハダカカメガイ
2cmくらいはある特大サイズだった。
黒潮の天使と呼んでるけど今は微妙な黒潮加減。
黒潮間際の天使なのかも(笑)

数年ぶりにクリイロカメガイの大乱舞!_b0422430_08491064.jpg
クリイロハダカカメガイの交接
たくさんいるから捕食シーンや交接シーンなんかも見られる。
こんな時は着底しなくても楽しい!

数年ぶりにクリイロカメガイの大乱舞!_b0422430_08410166.jpg
先日からお手伝いしてもらっているサキちゃんに撮ってもらった。
クリイロハダカカメガイに囲まれてる!
触手みたいに伸びてるけど貝の仲間だから
毒はないですよ。
サキちゃんが楽しみながらも避けまくってたから一応。

数年ぶりにクリイロカメガイの大乱舞!_b0422430_08383964.jpg
着底したらそこはスミレナガハナダイの楽園。
たくさんのオスがぎゅっと集まっていた。

数年ぶりにクリイロカメガイの大乱舞!_b0422430_08383850.jpg
スミレの幼魚とハナゴンベ。

数年ぶりにクリイロカメガイの大乱舞!_b0422430_08383820.jpg
1センチもない極小ハナゴンベもいた。


数年ぶりにクリイロカメガイの大乱舞!_b0422430_08383894.jpg
ちびクマノミの楽園。
一生見ていられそうな楽しいところ。
中層フワフワも楽しいけど海底も楽しいな。
時間が足りない!


ではでは〜。




# by itarutakaku | 2022-06-11 08:57 | 一湊 | Comments(0)
2022年 06月 02日

モンスズメダイが産卵床を共有!!??

6月1日(水)
雨 南東の風1-5m 波1,5m
水温26,3℃ 透明度20-30m K1

海があったかい〜。
海中はこのまま夏が来るのではないかと思ってしまう。
陸では沖縄で梅雨前線が燻っているので
まだ梅雨入りしていない。
まぁ今日は雨だったけど。

今日は海中で待ち魚あり。
出会えず。ちーん。

そんなわけで写真は数日前のものです。
モンスズメダイが産卵床を共有!!??_b0422430_19040999.jpg
モンスズメの産卵!
砂地に卵を産むちょっと変わったスズメダイ。
砂地をサークル状に耕してその砂にメスは卵を
混ぜ込むように産みつける。卵は粘着質で砂とくっつく。
モンスズメは神経質なので近づいたら
すぐに逃げてしまうので時間をかけてじっくりと
接近しての撮影。

今回は新たな発見があった。
なんと産卵床を複数のモンスズメが共同利用していた!!
短い観察ながらメス2個体。
オス3個体を確認。(多分)

モンスズメダイが産卵床を共有!!??_b0422430_19040912.jpg
2匹のメスが同時に卵を生み付けることもあった。
奥2匹がメス。手前がオス。
これってなかなか珍しくない!?
個人的には大興奮だった。
産卵床の共有、これは面白いなー。
色々と妄想が膨らむぞ。
今度はもっとじっくり観察しないと。

モンスズメダイが産卵床を共有!!??_b0422430_19040976.jpg
円形にモサモサしているところが産卵床。
遠くを泳いでいるモンスズメが急に降りてきて産卵をする。

モンスズメダイが産卵床を共有!!??_b0422430_19042889.jpg
フィリピンスズメダイ
屋久島では結構珍しい。

モンスズメダイが産卵床を共有!!??_b0422430_19045007.jpg
キンコの仲間とキンセンイシモチ

モンスズメダイが産卵床を共有!!??_b0422430_19043759.jpg
ヒレナガハギ
モンスズメダイが産卵床を共有!!??_b0422430_19041954.jpg
ヒレを開いたヒレナガハギ
これがなかなか撮れない!
夕方怪しいペアをずーっと追いかけていたら
何度か開いてくれた。


ではでは。




# by itarutakaku | 2022-06-02 08:46 | 志戸子 | Comments(0)